Loading
『ローマの休日』『スパルタカス』『ジョニーは戦場へ行った』『パピヨン』を世に送り出した稀代の脚本家トランボ ハリウッドから嫌われながらも偽名でアカデミー賞®を2度も受賞した感動の実話
 “永遠の妖精”オードリー・ヘプバーンの可憐な美しさとともに語り継がれる『ローマの休日』は、恋愛映画の不朽の名作として世界中で愛されているが、誰がこの物語を思いつき、脚本を書いたのかを知る人はほとんどいない。本編にクレジットされなかった真の作者ダルトン・トランボは、いわれなき汚名を着せられてハリウッドから追放され、栄えあるアカデミー賞®のオスカー像を受け取ることもできなかったのだ。  そんな“『ローマの休日』を書いた男”のあまりにも数奇な運命をたどった本作は、稀代の脚本家トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した実録ドラマである。1940年代~1950年代にハリウッドを震撼させた赤狩りによって、長らく偽名での創作活動を強いられたトランボが、愛する家族の支えを得て不屈の闘いを繰り広げる姿は、観る者の心を揺さぶってやまない。  TVシリーズ「ブレイキング・バッド」で絶賛を博したブライアン・クランストンが、アカデミー賞®主演男優賞にノミネートされた名演技を披露し、固い信念を貫いたトランボの型破りでユーモアに満ちた生き様を体現。激動期のハリウッドの内幕をきめ細やかに描くとともに、言論や思想の自由という現代に通じるテーマを追求した映像世界はエンターテインメントとしても一級品で、観る者にかけがえのない発見と感動をもたらしてくれる。