楽天カードの締め日について詳しく!支払えないと大変なことに・・・

楽天カードは手軽にお買い物が出来て、さらにポイントが貯まってと非常に便利なクレジットカードです。

しかしあくまでお金を前借しているだけですから、使った分はのちにあなたの口座から引き落とされます。

ですから楽天カード利用分の締め日や引き落とし日はきちんと把握し、それまでに口座にお金を用意しておかなくてはいけません。

もし口座にお金がないなんてことになったら・・・

こうならないために改めて楽天カードの締め日と引き落とし日を詳しく見てみましょう。

楽天カードは月末締めの27日引き落とし

締め日 引き落とし日
月末 翌月27日

まずは楽天カードの基本的な締め日・引き落とし日ですが、締め日が月末、引き落とし日が翌月27日となっています。

締め日や引き落とし日は若干ズレることがあります(後ほど詳しく記載)が、今月使った分が今月中に引き落とされるという事は絶対ないという事を覚えておくと安心です。

楽天市場の締め日は毎月25日

先ほど締め日は月末とお伝えしましたが、楽天市場での楽天カード利用の場合のみ締め日が毎月25日と異なり、引き落とし日は毎月27日のままとなります。

楽天カード利用日 引き落とし日
前月26日~今月25日 翌月27日

このように締め日が若干変わりますので、楽天市場を利用した場合は締め日や引き落とし日に注意しましょう。

土日、祝日は翌営業日が引き落とし日

2019年度の楽天カード締め日&引き落とし日
楽天カードを利用した日 引き落とし日
1/1~1/31 2/27
2/1~2/28 3/27
3/1~3/31 4/30
4/1~4/30 5/27
5/1~5/31 6/27
6/1~6/30 7/29
7/1~7/31 8/27
8/1~8/31 9/27
9/1~9/30 10/28
10/1~10/31 11/27
11/1~11/30 12/27
12/1~12/31 2020/1/27

これまで紹介した締め日、引き落とし日は楽天カードが定めた基本的な日程です。そのため銀行がお休みの土日、祝日が引き落とし日なっている場合は、引き落とし日が翌営業日になる可能性が高いです。

また引き落とし時間ですが、金融機関によってまちまちなので、引き落とし日の前日までに支払い分を振り込んでおくようにしましょう。

締め日がズレる可能性あり

ここまで紹介してきたのが楽天カードの正確な締め日・引き落とし日ですが、まだ一つ注意点があります。

それは加盟店(カード利用した店)が楽天カードへの請求が遅れた場合に締め日がズレる可能性がある点です。

例えば通常、締め日の10月31日に楽天カードを利用すれば11月27日に引き落とされるのですが、加盟店の報告が遅れて11月1日に楽天カードに請求した場合、引き落としは翌々月の12月27日となります。

このようなことはまずないのですが、トラブルを回避するためにも締め日ギリギリの大きな買い物は控えたほうがいいでしょう。

ポイントが付与されるのは翌月15日前後

締め日や引き落とし日を紹介したついでに、ポイントが付与されるタイミングもご紹介します。

楽天カードで得られる楽天スーパーポイントは、今月分に使用した金額分のポイントが翌月15日前後に付与されるようになっています。

ただし、前述した加盟店の報告の遅れによって締め日がズレた場合は翌々月の15日になる可能性も0ではないので覚えていきましょう。

締め日や引き落とし日の変更ってできる?

楽天カードに限らず、クレジットカードの締め日、引き落とし日の変更を望む方は結構いらっしゃいます。

人によって給料日は異なりますから、誰でもお金が入ってくるタイミングで支払いたいと思うのでしょう。

しかし、残念ながら楽天カードでは締め日、引き落とし日ともに変更は認められていません。

これを認めてしまったら日本中にいるであろう楽天カード利用者の口座を一人一人ほぼ毎日チェックしなくてはいけなくなりますからね。

ですから楽天カードを作る段階で締め日と引き落とし日は了承しておかなくてはいけません。

引き落とし分のお金が口座にない!

もし口座に楽天カードの引き落とし分の金額が入っていない場合、大変なことになります。

楽天カードを使った分、つまりは楽天からお金を借りた分を返すだけのお金が引き落とし日までに入っていない場合は、借金の踏み倒しと同じです。

もちろんそんなつまりはなかったとしても、うっかりお金を入れ忘れていたなどこんなケースに陥る場合はあります。

そこで口座にお金が足りない、または引き落とし日までに払えそうにないとわかった場合は速やかに以下の行動に移してください。

直ちに楽天カードへ電話

今支払えるにしても支払えないにしても、引き落とし日までに口座に必要金額がない場合は早めに楽天カードに電話して支払いが出来ない、遅れている旨を伝えましょう。

もし、決まった日までに一度に返済できる予定があるのならその日時を伝えれば待ってくれますし、不足分を分割して支払ういわゆるリスケジュールの相談にも乗ってくれます。

どちらも出来ればないに越したことはない事態ですが、もし電話すら掛けないと完全に踏み倒したとみなされて一発解約&遅延損害金を請求される可能性が高まります。

ですから支払い日までに払えない場合は、何があってもすぐに電話することを心がけましょう。

支払い遅延が続くとこんなリスクが

もし一回だけならまだしも支払いの遅延が何度も続くと、以下のようなリスクがあります。

強制解約&遅延損害金

まず一番あり得るのが強制解約です。もし遅延してもすぐに支払えれば可能性は低いですが、いつまでも返済できない、または遅延が何度も続くとほぼ間違いなく強制解約させられます。

楽天カードからすれば信用できない人間ですから、返済するかわからない人にお金なんか貸さないですよね。

また、支払いが遅延した場合は必ず未払い分+遅延損害金の支払いがプラスされるので出来るだけ早く返済するようにしましょう。

ブラックリストに載る

楽天カードに限らず一度でもカード支払いが遅れると、クレヒスに傷がつきます。そして遅延が長引いたり、回数が多かったりするとブラックリストに載る可能性があります。

ブラックリストに載ってしまうと金融機関すべてからあなたの信用性が落ち、他のクレジットカードも作れなくなるんです。

また銀行カードローンや、家や車のローンの申し込みの際にもクレヒスの傷を見られて審査に落ちる可能性が高くなります。

こうなってしまったら信用を取り返すのにかなりの時間が必要になるため、絶対に支払いの遅延はないようにしましょう。

まとめ

楽天カードを作る際は締め日と引き落とし日(支払日)を確認し、カードを利用した月は必ず事前に支払い日までに使用額を楽天e-NAVIで確認の上、口座に十分な金額を入れておくようにしましょう。

普段何気なく利用している楽天カードでも、お金を借りている自覚を持ち続けることが遅延を生まない秘訣です。