楽天カードのキャッシングはとても便利!詳しい内容や使い方を紹介

楽天カードの支払いばかりしていると、「あれ?財布の中の現金が少ない」なんて状況になることがありませんか?

そんな時に限って、いざお店の会計をしようとしたら「うちクレジットカード使えないんですよ~」なんて事態に・・・

そこで役立つのがキャッシングのサービスです。

そこで楽天カードをまだ持っていない人のために、楽天カードのキャッシング機能について詳しく説明していきます。

キャッシング機能のためにクレジットカードを作ろうとお考えの方にもおすすめです。

楽天カードのキャッシングのここが便利!

キャッシング機能はクレジットカード経由でATMなどから現金を借りるという簡単な機能ですが、限度額などカードによってサービス内容は微妙に異なります。

そこで楽天カードのキャッシング機能の内容を詳しく見ておきましょう。

【楽天カード】キャッシングサービス

金利 実質年率18.0%
限度額 90万円
貸し付け条件 20歳以上
返済方法 一回払いかリボルビング払い
返済期間 1回払い:60日以内

リボ払い100万円以下:5年以内

リボルビング払い30万円以下: 3年以内

遅延損害金 20.0%

 

ネットキャッシングなら手数料なしで数分で振り込み

楽天カードはATMを使わなくても、スマホやパソコンからカード代金の引き落とし口座に振り込みが可能です。

しかもこの方法なら手数料が一切かからず、しかも平日9:00~14:49の間でしたら最短数分で振り込みが完了します。

またそれ以外の時間帯でも振り込みは可能で24時間対応しているのもATMにはないメリットです。

海外で困ったときに現金を下せる

楽天カードを持っていれば出張や旅行で海外に行ったとしても、カード払いで支払いが楽ちんです。

しかし、お店によってはクレジットカードが使えない場合もあり、万が一お財布の中身が足りない!なんて事態に陥る可能性だってあります。

そんなとき、楽天カードのキャッシング機能があればお近くのコンビニでサッと現地の通貨を手に入れることが出来るんです。

しかも、銀行で両替するよりキャッシュのほうが数千円もお得になることだってあります。

キャンペーン中ならポイントが貰える

楽天カードにはキャンペーン中にキャッシュを利用することで、ポイントが貰えるというサービスもあります。

このキャンペーンは不定期開催なのでいつ開催されているかわかりませんが、大量のポイントを獲得できるチャンスを逃さないためにもキャッシュ機能を付けておいて損はありません!

【楽天カード】キャッシングの審査が通るコツ

楽天カード

楽天カードのキャッシュ機能についてご紹介してきましたが、残念ながら誰でもご利用できるわけではありません。

キャッシュ機能を使うには楽天カードのキャッシュ審査に通らなければなりません。

もしキャッシュの返済能力がないと判断されればキャッシュ機能は付けることが出来ないのです。

そこで楽天カードのキャッシュ機能の審査を通るコツをご紹介します。

まずは楽天カード審査に通ってから

まず鉄則ともいえるのが初めはキャッシュの限度額を0円に設定して、カード審査に通ってからキャッシュの審査に申請することです。

カード審査の段階からキャッシュ機能の金額を設定してしまうとカード審査自体の難易度が上がってしまい。楽天カード自体作れないという可能性があります。

ショッピングの返済で信用を得る

楽天カードの審査に通ったのなら次はカード利用によるショッピングの支払いを積み重ねて、クレジットヒストリー(返済実績)を作りましょう。

そうすることであなたがちゃんとお金を返済してくれる人だと信用され、キャッシングの審査がグッと通りやすくなります。

他社の借り入れは少なくする

もし、あなたが楽天カード以外からもお金を借りている状態だと、楽天カードでのキャッシング審査は通りにくくなります。

楽天カードからしてみれば「この人はお金に困っている人だ」と思われ、返済されないリスクを冒すよりだったら審査に落とそうという流れになるんです。

ですから楽天カードのキャッシュに申し込む際は他の借り入れ状況を少なくしましょう。

楽天カードのキャッシングの返済は遅れちゃダメ!

最後にもしキャッシングで利用したお金の返済に遅れてしまうとどうなるかお伝えします。

キャッシングはポンと現金が手に入り便利ですが、あくまで借金だという事を忘れてはいけません。

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは返済が出来なかった翌月から通常金利18.0%が20.0%に引き上げられるというものです。

この20.0%は返済が完全に終わるまで続きます。ですから返済が長引けば長引くほど、あなたが損を損をするだけなので返済が遅れても何もいいことはありません。

クレヒスに傷がつく

未返済が長引くと今度があなたの信用情報(クレヒス)に傷がつきます。そうなると楽天カードからは強制解約させられ、他のクレジットカード会社にも傷が知られてクレジットカードが一切作れなくなってしまいます。

このような状態になるには大体3カ月程度とされているので、仮にキャッシュの返済が遅れてしまったとしても少しでも早く返済することを心がけましょう。

不安ならキャッシングは利用しないこと!

クレジットカードのキャッシュ利用は便利なものではありますがこのようなリスクがあります。

ですから確実な返済能力がないならキャッシングは利用しないに越したことはありません。例えキャッシングがなくとも楽天カードは十分に便利なカードですし、海外に行かない限りは実際、それほどキャッシングが必要になることはないです。

ですからまずは楽天カードで気軽にショッピングを楽しみ、余裕があったらキャッシング機能を付けてみるといいでしょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシングを利用したいのなら、楽天カードはとても優れているカードです。

ネットキャッシュなら手数料はいりませんし、海外でも現地通貨を調達できるというメリットもあります。

ただ特別、キャッシュ機能を求めるわけではないのなら、無理に付ける必要はなくショッピング利用でもポイントがたくさん貯まって便利なカードなので是非おすすめです。