楽天カードならではの還元率を利用すれば、欲しかったあの商品が無料で手に入る!

楽天カードは年会費無料に加え、ポイント還元率の高さを謳っていることでお馴染みです。

しかし、ポイント還元率が高いといっても、具体的にはどれぐらいのポイントが還元されるのか、イマイチよく分かっていない方も多いのでは?

そこで今回は、知って得する楽天カードのポイント還元率を徹底解説。

上手に使えば欲しかったあの商品があっという間に無料でゲットできるかも!?それでは早速見ていきましょう。

楽天カードは一般的なクレジットカードよりもポイント還元率が高い!

楽天カードのポイント還元率は通常で1%となります。

これは要するに、100円利用で1円、1,000円利用で10円分のポイントが返ってくるということです。

「え~、じゃあ10,000円の買い物をしても、たった100円しか返ってこないの?」

と思った方もいらっしゃるかと思いますが、実は他のクレジットカードは、これよりもさらに還元率が低いってご存知でした?

楽天カードのように年会費無料のクレジットカードを調べると、大体のクレジットカードはポイント還元率が0.5%しかありません。

楽天のサービスで使うとポイントが倍に

前述の通り、楽天カードは通常のお買い物だと、利用金額に対して1%のポイントしか付与されません。

しかし、楽天カードが本領を発揮するのは、楽天のサービスを使ったとき!

楽天市場・楽天トラベルの場合は常にポイントが倍で貰えますから、楽天ユーザーなら是非楽天カードを作っておくべきです。

それでは楽天のサービス利用でどれぐらいのポイントが還元されるのか、さらに詳しく解説していきましょう。

楽天市場を利用した場合

楽天カードを使って、楽天市場で買い物をした場合、通常のポイント(1%)+特別ポイント(2%)が付与されるため、3%分のポイントが還元されます。

つまり通常なら10,000円分の利用額に対して100円分しか貰えないポイントが、楽天市場での買い物なら300円分に!

定期的に購入するものを楽天市場で購入すれば、あっという間にポイントが溜まりそうですね♪

さらに!他のキャンペーン期間中に楽天市場を利用すると、さらに還元されるポイントを増やすことができます。

例えば全ショップでポイント2倍の期間に、ポイント5倍キャンペーンをやっているお店で楽天カードを使った場合、ちょっとややこしくなるのですが、ポイント倍付けが適用されて、

通常ポイント(1%)+特別ポイント(1%+4%+2%)の計8%分、ポイントが還元されます。

※複数のキャンペーンを利用する場合のポイント還元率に関しては、後述でも解説しておりますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

楽天トラベルを利用した場合

楽天市場を利用した場合と同じように、楽天カードを使って楽天トラベルを利用する際もポイントが倍で還元されます。

ただし楽天トラベルの場合は、還元されるポイントが2倍になります。

Rakoo(ラクー)・楽天ポイント加盟店を利用した場合

また、楽天が展開するグルメ検索アプリ『Rakoo』加盟店や、楽天ポイント加盟店などで楽天カードを利用した場合も、2倍~3倍のポイントを受け取ることができます。

しかも加盟店は全国の身近な店舗で続々と増えていますから、楽天市場や楽天トラベルを普段利用しない人でも、楽天カードならポイントがザクザク溜まります。

ポイント還元を上手に利用すれば生活がもっと豊かになる!?

楽天ポイントの還元率については大体理解していただけましたか。

おそらくここまでの説明だけじゃ、どれぐらいお得なのかどうかもあまりイメージできない方が多いことかと思います。

それではさらに楽天カードの還元ポイントを理解してもらうために、具体例をいくつか挙げてご紹介致しましょう。

【ケース1】1人暮らしの社会人男性

【楽天カード利用者データ】

  • 30代男性
  • 関西地方在住(アパートに一人暮らし)
  • 趣味は筋トレやスポーツ観戦
  • 自炊はあまりせず、コンビニ弁当や外食が多い

一人暮らしの男性は、食費や趣味にお金がかかる方が多いのではないでしょうか。

しかし、楽天カードの還元率を賢く利用すれば、月々1,000円分程度のポイントを貯めることができるかもしれませんよ。

1ヵ月間の楽天カードでの支払い額 還元ポイント
食費(コンビニ・スーパー) 15,000円 150ポイント
食費(外食) 20,000円 全てRakoo加盟店利用で400ポイント
電気代 3,500円 35ポイント
ガス代 3,000円 30ポイント
水道代 2,500円 25ポイント
趣味・娯楽

(サプリメントやトレーニングウェアなど)

12,000円 楽天市場利用で360ポイント
利用合計金額 56,000円 計1,000ポイント

使った金額は56,000円とやや多めですが、楽天サービスをうまく使っているため、食費で還元されたポイントがかなり溜まりましたね!

この男性の場合、毎月平均的にこのぐらい楽天カードを利用して支払いをすれば、年間で12,000ポイントも貯めることができちゃいます。

【ケース2】実家暮らしのフリーター女性

【カード利用者データ】

  • 20代女性
  • 関東地方在住(実家暮らし)
  • 趣味はSNS、インスタ映えを狙って旅行や外食に行くことが多い
  • ファッションやメイク用品も大体ネットで購入している

実家暮らしの方は一人暮らしの方に比べて、趣味や娯楽に使う金額も多いのでは?

そんな方は、楽天カードを利用しなきゃ絶対損です!いつでもどこでも楽天カードを利用すれば、翌月使えるポイントに思わずにんまりしてしまうかも!?

1ヵ月間の楽天カードでの支払い額 還元ポイント
食費(外食) 17,000円 全てRakoo加盟店利用で340ポイント
食費(コンビニ) 6,000円 60ポイント
携帯代 12,000円 120ポイント
趣味・娯楽(旅行・アウトドア) 11,000円 楽天トラベル利用で220ポイント
ファッション・メイク用品・コンタクトレンズなど 30,000円 楽天市場利用で900ポイント
美容院 15,000円 楽天ポイント加盟店利用で450ポイント
利用合計金額 91,000円 計2,090ポイント

先程の一人暮らし男性の倍にも満たない金額しか使っていないのに、ポイントは倍以上還元されていますね。

このように楽天サービスをフルに利用すれば、少ない利用額でもポイントをどんどん貯めることができます。

【ケース3】一戸建てに住む専業主婦

【カード利用者データ】

  • 40代女性
  • 夫・高校生の娘・中学生の息子と4人暮らし
  • 月に2~3回旦那・家族と外食することがある
  • 娘と息子の携帯料金は母名義で支払っている

家計管理を担当する専業主婦の方であれば、可能な限り、カードの利用額は抑えておきたいところ。

しかし、楽天カードで支払えるものがあるのであれば、家族分まとめて支払ってしまった方がかなりお得です。

それでは家族分の支払いを楽天カード1枚で済ませたときの還元ポイントを見ていきましょう。

1ヵ月間の楽天カードでの支払い額 還元ポイント
食材費 35,000円 350ポイント
食費(酒類) 7,300円 楽天市場利用で219ポイント
食費(外食) 12,000円 Rakoo加盟店利用で240ポイント
電気代 20,000円 200ポイント
ガス代 13,000円 130ポイント
水道代 6,000円 60ポイント
携帯代(本人・娘・息子の分) 35,000円 350ポイント
日用品(シャンプー・ティッシュなど) 10,000円 楽天市場利用で300ポイント
新聞代 4,000円 40ポイント
利用合計金額 142,000円 計1,889ポイント

洋服などのショッピングを抜いて生活費だけを払っていても、家族分まとめて楽天カード決済にすることで、1ヵ月2,000円分近くのポイントが得られています。

この場合、黙っていても自然に年間20,000円以上のポイントが溜まりますから、溜まったポイントを自分のへそくりに変えることも…♪

【おまけ】溜まったポイントの使い道は?

楽天カードのポイント還元率をうまく利用すれば、ポイントが溜まるのはあっという間!

しかし、溜まったポイントはどう使えば良いのでしょうか。

そこで、溜まったポイントをみなさんが何に変えているのか、使い道を調査してみました。

多くの方は楽天市場での買い物にポイントを使っているようでした。

高い買い物も、溜まったポイントがあれば怖くありませんものね!

また、少数派でしたが、楽天ポイントを楽天Edy(電子マネー)に変えて、ちょこちょこ遣いしているツワモノも!

楽天Edyなら自販機やコンビニでの支払いにも使えるから、外出先で決済する方にはおすすめかもしれませんね。

楽天カードの還元率に関するQ&A

さて最後に、楽天カードのポイント還元率に関する質問の中でも、特に多くの方が疑問に思う内容に関してまとめてみました。

これを読めばもう楽天カードマスター!早速月々のお支払いで、お得な楽天カードを使っていきましょう!

Q1.楽天スーパーポイントはどこに還元されるの?

A1.楽天カードを利用した際に還元される楽天スーパーポイントは、楽天会員のポイントに還元されます。

楽天カードをつくる際は、楽天会員の申し込みも必要になりますから、そのときに登録する楽天IDでログインすれば、溜まったポイントを確認することができますよ。

Q2.楽天のポイントは1回の利用金額で付与される?

楽天スーパーポイントは、1回の利用金額に対して付与されるのではなく、1ヵ月の利用金額に応じて還元されます。

そのため、楽天カードを利用しても、すぐにポイントが還元されるわけではありませんので注意が必要です。

ポイントの獲得日に関しては、利用店舗によって異なりますので、楽天公式サイトをご確認くださいね。

Q3.複数のキャンペーンを利用した場合、楽天ポイントの還元率はいくらになるの?

何かのサイトで「ポイント2倍の日に楽天市場で楽天カードを使ったら、2倍と3倍でポイントが5倍になるのか」という質問を見かけました。

しかし、この質問に関して答えを言うとなれば、答えはノーになります。

というのも、複数のキャンペーンにエントリーして楽天カードを使用した場合、ポイントの計算方法が少し複雑になるからです。

(例1)全ショップポイント2倍キャンペーン期間中に10,000円(税込)の商品を購入した場合
ポイント種別 ポイント倍率 付与されるポイント数
通常+カード利用でのポイント 3倍(通常1倍+カード2倍) 300ポイント
2倍キャンペーンの特典ポイント 通常ポイントの1倍分を除く1倍分 100ポイント
合計 400ポイント
(例2) 全ショップポイント2倍キャンペーン期間中に、ポイント5倍キャンペーンの店舗で10,000円(税込)の商品を購入した場合
通常+カード利用でのポイント 3倍(通常1倍+カード2倍) 300ポイント
2倍キャンペーンの特典ポイント 通常ポイントの1倍分を除く1倍分 100ポイント
5倍キャンペーンの特典ポイント 通常ポイントの1倍分を除く4倍分 400ポイント
合計 800ポイント

※どちらも楽天カード決済を行った場合です。

何となくわかりましたか?

つまり、キャンペーンで加算されるポイントは、通常の1倍分を抜いたポイントが加算されるという仕組みになっているんですね。

いずれも単純にポイントが倍で加算されるというわけではありませんが、キャンペーンはなるべく複数エントリーした方がお得です。

ポイント還元率をどんどん上げて、お得に買い物を楽しみましょう♪

まとめ

楽天カードのポイント還元率は1%と、数字で見れば低く感じます。

しかし、年会費無料のクレジットカードの中では高還元率を誇るカードですから、つくっておいて損はありません。

また、楽天が展開するサービスをうまく利用すれば、ポイント還元率が自ずと増えるため、無理にあれこれ買わなくとも、ポイントをたくさん貯めることができます。

ポイントをザクザク貯めて、ライフスタイルをより充実させていきましょう!