楽天カードはVISA・MasterCard・JCBのどれから選ぶべき?おすすめの国際ブランドはコレ!

一般的な楽天カードは、VISA・MasterCard・JCBの3つの国際ブランドがあります。

しかし、楽天カードを申し込む際、選べる国際ブランドはたった1つだけ!

「どの国際ブランドを選ぶのが正解なの?」

「それぞれの国際ブランドは何が違うの?」

今回はそんな疑問をスパッと解決して、あなたに相応しい楽天カードを作っていきましょう!

楽天カードで選ぶべき国際ブランドは?おすすめNo.1はMasterCardカード

念のためお伝えしておきますが、楽天カードはどの国際ブランドを選んでも、審査基準に何の影響もありません。

しかし、はじめてクレジットカードを作る方であれば楽天カードはMasterCard(マスターカード)を選んで申し込むのがおすすめです。

というのも、楽天カードのMasterCardには、他の国際ブランドにはないメリットが4つもあるからです。

メリット① 国内・国外ともに加盟店が多く使いやすい

国際ブランドとは、ショッピングや宿泊先での支払いの際に、決済機能を提供しているネットワークブランドのことです。

その呼び名の通り、日本国内のみならず、世界中どこでも利用することができますが、支払い先のお店が加盟店でない場合は決済をすることができません。

そういった点を踏まえると、はじめてクレジットカードを作る際は国内外ともに加盟店が多い国際ブランドの方がおすすめです。

MasterCard・VISAは世界トップクラスのシェア数を誇りますから、1枚持っておくと、大抵のお店で支払いをすることができます。

メリット② 選択できるカードデザインの種類が違う

それではなぜ、VISAよりMasterCardの方がおすすめなのかと言いますと…VISAの場合、楽天カードのカードデザインが一種類しかないからです。

一般的な楽天カードは現在、通常デザインに加え、お買い物パンダデザイン・楽天イーグルスデザイン・FCバルセロナデザイン・ディズニーデザインといったカードデザインを展開しています。

残念ながらディズニー・デザインはMasterCardだと選ぶことができませんが、それ以外であれば、お好きなカードデザインを選択することが可能です。

せっかく初めて持つクレジットカード、どうせなら自分好みのデザインを選びたいですよね。

メリット③ 海外でのショッピング手数料がVISAよりも安い!?

また、MasterCardはVISAよりも、海外でのショッピング手数料が安くなるケースが多いってご存知でした?

「海外に行くことはない!」と断言する方であればあまり関係ありませんが、海外への旅行や出張が多い方は、やはり移動費や食事代、宿泊代…と何かとお金がかかりますから、MasterCardを1枚持っておくべきです。

メリット④ VISA・JCBではできないau WALLETへのチャージができる

そしてMasterCardだけのメリットとして、もう1つ挙げられるのが“au WALLET(電子マネー)への直接チャージができる”ということ。

楽天カードは全ての国際ブランドで、楽天Edy(電子マネー)へのチャージができますが、au WALLETにチャージをしてポイントが還元されるのはMasterCardのみです。

これはauユーザーにとってはかなり嬉しいメリットではないでしょうか。

楽天カードの使い道に合わせてVISA・MasterCard・JCBを選ぶのもアリ

これからはじめてクレジットカードを作る方へはMasterCardがおすすめですが、既に別のクレジットカードでMasterCardを持っている場合は、無理してMasterCardを作る必要はありません。

また、はじめての方でもMasterCardにメリットを感じない方は、自分の楽天カードの使い道に合わせてVISAかJCBを選んだほうが良いでしょう。

あなたは楽天カードをどう使う?使い道に合わせて国際ブランドを選ぼう

それでは以下のチェック項目から、あなたにあった国際ブランドを選んでいきましょう!

質問内容のうち、a・b・cのどれに多く当てはまるか、カウントしながらチェックしてみてくださいね。

a 世界シェア数No.1のクレジットカードを持っておきたい □はい
b Au WALLETを利用する機会が多い □はい
c 国内での支払いがメイン、海外へ行くことはまずない □はい
b・c Apple Payのアプリ内・Web決済をすることが多い □はい
b・c カードデザインは豊富な種類の中から選びたい □はい
b・c 既にVISAカードを持っている □はい
a・c 既にMasterCardを持っている □はい
a・b 既にJCBカードを持っている □はい

あなたはa・b・cのうち、どれが一番多く該当しましたか。

aが多かった方

とりあえず世界中で使える国際ブランドを選んでおきたいというあなたには、シェア数ナンバーワンのVISAがおすすめです。

VISAは世界200以上の国と地域で利用可能で、利用者数が最も多い国際ブランドです。

国内はもちろん、アメリカ・フランス・韓国・ブラジル・エジプト…などなど、いつでもどこでも使えますから、海外出張が多い方や色々な国へ旅行される方は持っておくと安心です。

bが多かった方

電子マネーと併用しつつ、お得に決済をしたい方はMasterCard一択!

前項でもお伝えした通り、楽天カードのMasterCardはau WALLETへ直接チャージができる上に、Apple Payのアプリ内決済などにもお使いいただくことができます。

世界シェア数もVISAに次ぐNo.2ですから、まず持っておいて損はありません。

cが多かった方

「国内で決済できれば十分、カードデザインは豊富な方がいい!」

そんなあなたは、日本国内の加盟数が圧倒的に多いJCBがおすすめです。

JCBは国内の飲食店や宿泊施設だけではなく、公共料金や携帯料金の決済も行えますので、日頃の支払いで使うメインカードとしても便利ですよ。

楽天カードの国際ブランドに関するQ&A

冒頭でもお伝えしましたが、楽天カードの国際ブランドは1つしか選ぶことができません。

そこで疑問になるのが

「え?じゃあ2枚持つなら2つの国際ブランドを選べるの?」

「最初に選んだ国際ブランドはもう変更できないの?」

といったことではないでしょうか。

最後に、楽天カードの国際ブランドに関する疑問点についてまとめておきましたので、今後楽天カードを作る際は是非参考になさってみてくださいね。

楽天カードは2枚以上作れるの?

結論から言いますと、楽天カードは1人1枚しか作ることができません。

もしVISA・MasterCard・JCBでそれぞれクレジットカードを持ちたいのであれば、楽天カード以外のクレジットカードも申し込みが必要となります。

一度楽天カードを作ると国際ブランドは変更できないの?

では、万が一楽天カードを申し込んだ後に国際ブランドを変更したくなったらどうすればいいのかと言いますと…

現在持っている楽天カードを一度解約し、再度ブランドを選びなおして申し込まなくてはいけません。

その際は解約前の楽天カードに付帯されていたポイントが使えなくなったり、クレジットカードの暗証番号を変えなければならなかったりするので、なるべくであれば、国際ブランドはしっかり検討した上で選んでおくのが賢明です。

ご自身の使い道に合わせて、自分にあった国際ブランドを選びましょう!

まとめ

クレジットカードを既に持っている方はともかく、これからはじめてクレジットカードを作る方がまず思うのが「どの国際ブランドを選べばいいんだろう?」といったことではないでしょうか。

VISA・MasterCard・JCB、どれも1枚持っておくと非常に便利ですが、楽天カードを作るのであれば、やはり特典が多いMasterCardが一番おすすめです。

ただ、一度選んだ国際ブランドは、変更する際に手間がかかってしまいますので、慎重に選んで決めてくださいね!