楽天カードの入会キャンペーンを知り尽くしてお得にポイントをゲットしよう!

楽天カードでは常に入会キャンペーンを実施しており、大量のポイントを獲得できます。

一般的に入会キャンペーンと言うと「強制リボ払い」や「キャッシングの利用」など、お得感を感じることが出来ないものが多いのが正直なところ。

しかし、楽天カードの入会キャンペーンは簡単に、そしてお得にポイントをゲットできるんです!

このページを読んでお得に楽天ポイントをたくさん貰っちゃいましょう!

まずは、楽天カードの基本スペックをおさらい!

年会費 初年度:無料(ETC:540円)
2年目以降:無料
入会資格 18歳以上で日本在住の方
(高校生不可)
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
付帯保険 海外旅行保険
カード盗難保険
ネット不正あんしん制度
ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt
(国内一般加盟店)
条件:4.000%→100円あたり4pt
(楽天市場)

楽天カードの入会キャンペーンを理解しておこう

さっそく入会キャンペーンの仕組みを理解しておきましょう。公式サイトを見ると「新規入会&利用で5000ポイントプレゼント」とありますが、きっちり条件を理解しておかないと危険です。

ここを理解しないまま入会して「ポイントを無駄にしてしまった」という方もたくさんいます。じっくりしっかり読んで損がないように備えましょう!

入会キャンペーンは2種類に分かれている

入会しただけで自動的に5000ポイントというワケではありません。楽天カードは「新規入会特典(2000ポイント)」と「カード初回利用特典(3000ポイント)」に分かれています。

2つの項目をじっくり解説していきますね。

新規入会特典2000ポイント

言葉だけを見ると「入会しただけで2000ポイント貰える」ように見えますが、これが落とし穴なんです。

このポイントを貰うためには楽天e-NAVIから受け取り申請をしなければなりません。つまり、まずは楽天e-NAVIに登録をすることが前提条件となります。

ちなみに楽天e-NAVIとはカードの利用明細をWEBで確認できるサービスのことです。登録しておいて損なことは何もないのでご安心ください。

カード初回利用特典 3000ポイント

これは非常にシンプルで1円でも楽天カードを利用すればポイントが貰えるというものです。

しかし、楽天カードには「カード利用特典申請期限」が設けられています。これはカードが到着すると告げられるのですが、この期間の前に利用したり、過ぎてから利用してもポイントは貰えないので要注意です!

さらにカード利用とみなされない支払いもあります!その一覧がこちら

  • 楽天市場でお買い物時に全額ポイントで支払ってカード利用金額が0円の場合
  • キャッシング利用分
  • 明細書発行費用
  • ETC年会費(カード年会費)、楽天PINKカードの月額サービス料
  • ATM手数料
  • 楽天Edy発行費用
  • カードを作った時に利用した楽天ID以外を利用した買い物

上記に関してはカードによる支払いとみなされません!

入会ポイントの注意点!

一番注意しなくてはならないのが「有効期限」です。通常なら楽天ポイントは有効期限1年。

しかし、入会時に貰えるポイントは少しクセモノなんです。以下にまとめました。

特典の種類 ポイントの種類 ポイント有効期限
新規入会特典2000ポイント 通常ポイント 1年間
初回利用特典3000ポイント 期間限定ポイント 40日程度

このように初回ポイントは有効期限が40日程度しかありません。

ここを見逃してしまう方が本当に多いです!40日となると仕方ない気もしますが…。でもこの記事を読んだならもう心配無用!取りこぼすことはありませんね。

ここからが本番!楽天カードの入会キャンペーンは他にもある

入会時に5000ポイント貰える仕組みは理解できたはず。

本番はここからです。さらにキャンペーンを積み重ねることで、もっと大量のポイントを貰えるんです!

楽天Edy同時申込で500円ゲット!

楽天カード申し込み時に「楽天Edy機能付きカード」を申し込むと、楽天Edyに500円がチャージされた状態でカードが届きます。

つまりタダで500円ゲットできるということ。小さい額ですが嬉しいキャンペーンですよね。

・家族カード同時入会で1000ポイントゲット!だけど…

もう一つのキャンペーンとして家族カードを申し込むと1000ポイントが貰えるキャンペーンがあります。

家族カードを作れば、請求も楽に管理できますし、家族でポイントを共有できるのでおススメではあるのですが…。

より多くのポイントを稼ぎたいのなら、家族カード入会ではなく、本カードに入会した方が遥かに良いです。

自分:本カード入会で5000ポイント獲得

妻:家族カード会員入会で1000ポイント獲得

合計6000ポイント

自分:本カード入会で5000ポイント獲得

妻:本カード入会で5000ポイント獲得

合計10,000ポイント

あくまでポイントが欲しいならということですが、ここまでの差を考えると全員本カード入会で大量にポイントを貰った方がお得感は強いでしょう。

自動リボ登録で2000ポイントも貰える!

こちらも目玉のキャンペーンですね。支払いを「自動リボ」に設定し、ある条件を満たすと2000ポイントが貰えます。そのある条件とはこちら

  1. 実際にリボ払いで5万円以上の買い物をする
  2. 2か月間はリボ払い設定のまま利用しなければならない。

んー正直リボ払いに抵抗がある人にとっては厳しい条件ですよね…。高い金利を払い続けるリボ払いは本当に怖いです。

でも金利を最小限に抑える裏ワザがあるんです。

最初の2か月間は5万円までしか使わない

すごい面倒かもしれませんが「金利を最小限に抑えてお得にポイントをゲットする方法」として割り切って考えてくれると嬉しいです。

カードが到着したら、リボ払いの支払金額を49,000円に設定

50,000円に設定すると一括払いと同じになってしまうので「2か月間リボ払いをする」という条件が満たせません。

1000円分余らせておくことで金利が最小になります。この方法で支払うと、最終的にリボ手数料645円だけで済むので、2000ポイント貰って得をするというカラクリです。

ちなみに、この後に自動リボを解約すれば、通常の使い方に戻るのでご安心ください。

怖いならやめておきましょう

自動リボの抜け道を紹介しましたが、ぶっちゃけ面倒です。(笑)

しかも、いくらリボ払いの怖さ・注意点を伝えてもトラブルは絶ちません。少しでも不安があるのなら自動リボをしない方が良いです。

お金に関することだからこそ、中途半端な気持ちで設定はしないように!

貯まったポイントはどう使うのが正解?

いくら大量に貯まったとしてもどこに使えばよいのでしょうか?

楽天ポイントには有効期限もあります。1秒だって1円だって無駄にすれば意味がないです。

ここでは楽天ポイントをどう使うのが正解か徹底解説!楽天にしかない使い勝手の良さがあります!

1ポイント=1円の使いやすさ!楽天グループサービスで使い倒せ

楽天ポイントですから、同じ楽天グループで使うのが一番親和性が高いです。

楽天ポイントが使えるグループサービスを挙げると

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天GORA
  • 楽天TV
  • 楽天ネットスーパー
  • 楽天ブックス

ここで挙げた場所すべてで「1ポイント=1円」で使えます!

この中でもお勧めしたいのが楽天市場!その理由は「ポイントで購入した分にもポイントが付与される」という点です。

つまり、タダで貰ったポイントで商品を買って、さらにポイントが貰える。まさにポイントの堂々巡りです!

特に期間限定ポイントの使い道で悩むのだったら、是非とも楽天市場で使い倒しちゃいましょう!

楽天ポイント加盟店でさらにお得!

現在進行形で楽天ポイント加盟店は増えています。加盟店ならば楽天ポイントを使って商品を安くできちゃいます。さらに、その店舗でお買い物する時に楽天カードで決済すると、提示しただけでポイントが貯まるんです。

もちろん決済分もポイントが付くので、「提示した分+決済分」の二重でポイントが貯まる仕組みになっています。

お得すぎて信じられないレベルです…。

日本最大手企業の楽天だからこその融通がきいたサービスですね!

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

楽天カードの入会キャンペーンは確かにお得です。凄まじくお得です。ですが、仕組みを理解してこそのキャンペーンなんです。

「入会するだけでいいんだ!」と思いがちですが、それは間違い!

この記事を読んで得た情報をしっかりと活用して、ザックリ大量にポイントをゲットしちゃいましょう!