3分で作れる“楽天カード”の作り方【初心者必見】

楽天カード 作り方

今から”3分以内に申込まで完結させる”楽天カードの作り方をご紹介していきます。

これから解説していく手順に沿うだけでいいので、

「はじめて楽天カードを作る」

という方でも迷うコトなく申込みまで終わらせることができます。

今から3分経てば、後はカードが郵送されてくるのを待つだけ。

それでは早速取り掛かっていきましょう!

>>簡単3分!楽天カードを今すぐ作る

なぞるだけ3分で完結。楽天カードの最短の作り方

これから紹介する通りに作るだけで楽天カードを簡単に作ることが出来ます!それでは事前準備から見ていきましょう。

1.事前準備【用意するものはたったの3つ】

楽天カードに申し込むためには、3つ準備して頂くものがあります。

それが下記の3つ

  1. 引き落としが出来る講座
  2. 自身の年収
  3. 住所や電話番号などの個人情報

ご用意できましたか?それでは申込方法に移っていきましょう!

2.申込方法【ここから3分!】

まずは公式サイトの申し込み画面へアクセス

楽天カード 申し込み画面

1.楽天会員の方は左の赤いボタンをクリック、楽天会員出ない方は右の緑のボタンをクリックしてください。

楽天カード 申し込み画面

2.続いてブランドの選択に移ります。選択できるブランドにはMasterCard・VISA・JCBの3種類がありますが、初めて作る方は国内外でシェアの厚いMasterCardを選びましょう!

MasterCardであれば、世界中どこでも利用することが出来る上に、パンダデザインなどの豊富なデザインを選択することが出来ます。

もちろん、MasterCardと同じだけシェアの厚いVISAでも構わないのですが、VISAは選べるデザインが通常のものだけに限られるので注意が必要です。

楽天カード 申し込み画面

3.いよいよデザイン選びです!ブランドでMasterCardを選択すると、このように豊富なラインナップから好きなデザインを選択することが出来るんですよ!

楽天カード 申し込み画面

4.次はお名前の入力です。ローマ字はクレジットカードの券面に記載される部分になるので、お間違えの無いようにご注意ください。

楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面

5.性別、生年月日、電話番号などの個人情報を入力します。

楽天カード 申し込み画面

6.続いてメールアドレスの入力です。PCのメールアドレスを利用する人は上の入力欄に、携帯のメールアドレスを利用する方は下の入力欄に記入してください。

楽天カード 申し込み画面

7.楽天ではメールなどを通じて、ポイント配布などを行っています。お得な情報を逃がさないためにも、受け取るをチェックして進みましょう!

楽天カード 申し込み画面

8.続いて住所の入力になります。クレジットカード郵送時にも必要なため、誤入力が無いように記入していきましょう。

楽天カード 申し込み画面

9.配偶者のいる方は、配偶者ありを選択し世帯人数の該当欄へチェックを入れてください。

楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面

10.続いて、移住状況を入力します。賃貸なのか持ち家なのか、正確に入力を行ってください。

楽天カード 申し込み画面

11.続いてお勤め先についての入力です。該当するものを選択しましょう。

楽天カード 申し込み画面

11.ここでは現在の預金を入力します。

楽天カード 申し込み画面

12.「自宅に送られるとまずい…」もしくは、「平日は基本仕事で受け取れるタイミングが無い!」という方は勤務先に送付することが出来ます。

楽天カード 申し込み画面

13.ショッピングで利用する方は、【普段のお買い物等に利用】へチェック。借入を考えている方は【現金のお借入れ等に利用】をチェックしましょう。

楽天カード 申し込み画面

14.リボ払いというのは、毎月決まった金額で返済をすることが出来るというもの。初めてクレジットカードを作る方は、リボ払いサービスに申し込み”しない”方が良いです!

急な出費で、一括で返済できないという方にとっては好都合な支払い方法かもしれませんが、毎月の支払に対して金利が加算されるため、最終的に支払わなければいけないお金が増加します。

初心者の方は【申し込まない】を選択しましょう。

楽天カード 申し込み画面

15.ローン等で借入がある方は、正直にあり・なしの申告を行ってください。

楽天カード 申し込み画面

16.家族カードというのは、家族であればサブカードとして家族の誰かに渡すことが出来るというものです。

旦那さんであれば奥さんに渡す用に作ったり、ある程度成長したお子さんに持たせるなど使い道は様々です。

家族カードに関しては、あとで発行することも可能なので、「別にいらない」という方は、【申し込まない】にチェックを入れましょう。

楽天カード 申し込み画面

17.ETCカードは年会費が540円かかります。特に高速道路を利用しないという方や、すでにETCカードを持っている方は【申し込まない】をチェックしましょう。

楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面

18.「コンビニなどで財布を出すのが面倒!」という方は、Edy機能を付帯することが出来ます。

また、オートチャージ機能というのは、電子マネーのチャージ残高が少なくなると、自動でチャージすることが出来るというものです。

普段から電子マネーを利用するという方は、【希望する】をチェックし、オートチャージの残高を任意で選択してください。

「電子マネー?面倒そう」という方は、【希望しない】をチェックして次の項目へ進みましょう!

楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面

19.ご利用代金のお支払い口座を選択します。地方銀行を利用している方は、地方銀行を選択してください。

楽天カード 申し込み画面

20.カード利用時に入力する暗証番号を入力して次のステップへ!

楽天カード 申し込み画面 楽天カード 申し込み画面

21勤務先情報の入力基本のステップは終わり、次は勤務先についての入力です!(あと少しですよ!)

勤務先名(法人呼称)・勤務先の正式名称・勤務先の所在県名・勤務先の電話番号・勤続年数・職種・職業・業種を入力していきます。

職種・職業・業種は響きが似ているので、頭の中がごちゃごちゃしてしまいそうですが、選択肢の中から選ぶ形式になっているので安心してくださいね。

楽天カード 申し込み画面

22.楽天会員IDをお持ちじゃない方は、これまでに入力した情報が楽天会員情報として登録されます。

このときに、楽天会員パスワードを設定しますので、後々忘れないようにメモしておくことをおすすめします。

22.最後に銀行の口座情報を入力します(こちらは入会後でも設定を行えます)。

以上お疲れさまでした!あとは入力内容に間違いがないか確認し、申込完了です。

楽天カードの申し込み画面はこちらからアクセスできます、

楽天カードの申し込みからカードが手元に届くまで

楽天カードの申し込みが終わると、2~3日程度で審査に通ったかどうかのメールが届きます。

その後、約1週間程度でお手元に届きますよ!

楽天カードが届いたら早速ポイントを貰って、有意義なクレジットカードライフを送りましょう。

ちなみに発行時にもらえるポイントは約5000ポイントとなっています。

このポイントは、楽天市場にて1ポイント1円として利用することが出来るため、実質5000円を貰ったのと一緒な感覚です!

ポイントは物に使うもよし、楽天トラベルなどで旅行費に使うのもよし!

「ちょっとお小遣いが貰って嬉しい」という感覚で使えるので、普段中々現金では買わないようなものに手を出すのもアリですよ!

>>楽天カード公式サイトはこちら

カードを作るときに迷ってしまうポイントを詳しく解説!

大体の流れは先ほど書きましたが、やっぱり、実際に作るとなれば迷ってしまうポイントがいくつかあるかと思います。

そこで、多くの方が「これはどっちを選べばいいの?」と悩んでしまうポイントをさらに詳しく解説していきましょう。

国産ブランドはJCB・MasterCard・Visaのどれを選択すべき?

前項でもお伝えした通り、楽天カードの国産ブランドはJCB・MasterCard・Visaの3つがあります。

それぞれの違いを表にまとめてみました。

ブランド名 使える地域
JCB 国内は◎

海外は使えないところも多い

MasterCard 世界どこでも

ただしどちらかしか使えないお店もある

Visa

お察しの通り、国内で使う分には、どの国際ブランドを選択しても特に大きな違いはありません。

ただ、海外に行く機会が多い方や、海外の通販サイトを利用する方は、MasterCardやVISAを選択しておくことをおすすめします。

楽天カードと楽天PINKカードの違いって?

楽天カードには通常のものと『楽天PINKカード』というものがあります。

楽天PINKカードは楽天カードの機能以外にも、独自のサービスが3つあるので見ていきましょう。

  • 楽天グループ優待サービス (月額324円)

これは文字通りの楽天のサービスを優待価格で利用できます。楽天市場や楽天トラベル、Rakuten TVなどでサービスを受けられます。一度しか使えないサービスもあるので一度確認してみることをおすすめします。

  • ライフスタイル応援サービス(月額324円)

こちらは『RAKUTEN PINKY LIFE』という名前のサービスです。

美容・食事・エンタメ・癒しなどのサービスが全国で11万以上の割引や優待が使えます。

  • 楽天PINKサポート(サービスごとに料金が発生)

このサービスは女性のための保険を提供しています。種類は4つあります。

  • 女性特定疾病保障プラン:月額30~870円
  • ケガの保障プラン:月額240円
  • 携行品損害補償プラン:月額330円
  • 個人賠償責任事故補償プラン:月額220円

保険なのでどれが自分に合うものなのか、しっかり吟味して選びましょう。

これらのサービスを見ればわかるように、楽天PINKカードは女性に向けて作られたクレジットカードです。

しかし女性専用というわけではないので、男性も持つことができます。見た目かサービスが気に入れば、検討してみるのもアリだと思います。

学生・専業主婦・フリーター…楽天カードはだれでも作れる!?

「楽天カードの作り方はわかったけど、自分みたいな境遇でもちゃんとカードは発行されるのだろうか…」

安定した収入のない学生や専業主婦、収入に自信のないアルバイトやパート勤務をされている方は、このような不安もあることでしょう。

しかし過去のデータや口コミを見ると、『収入はない(少ない)けど楽天カードの審査に通った!』という方はたくさんいらっしゃいます。

では次に、楽天カードの入会審査に通りやすい方・通りにくい方の分岐点を解説します。

楽天カードの入会条件はたった1つだけ

楽天カードを申し込む前に、みなさん楽天カードの入会条件はキチンと確認しましたか?

楽天カードの入会条件は

『満18歳以上の方(主婦・パート・アルバイト・学生も可) ※高校生は除く』

と、実はこれしかないんです。これをもっと具体的に解釈すると

  • 楽天カードは18歳以上なら申し込みできる
  • 18歳以上であろうと高校生であるなら申し込みできない
  • 専業主婦、アルバイトが主な収入源のフリーターでも作れる
  • 大学生や専門学生も申し込みOK

どうですか?おそらくクレジットカードを持ちたいと思っている人のほとんどは、この中に含まれているのではないでしょうか。

預貯金よりも重要になるのは“安定した収入”

いくら資産や貯金があったとしても、クレジットカードの審査で安定した収入がないと判断されれば、審査に落ちてしまうことがあります。

一方で、働いておらず預貯金が少ない場合でも、配偶者や同居している家族に安定した収入があれば、審査に通る可能性がグッとアップします。

重要なのは、安定した収入があるかどうかなので、この点を踏まえれば、アルバイトやパート勤務の方、障害年金などを受給している方も、審査に通る可能性は十分見込めます。

過去に支払いの延滞があった場合や別のクレカを作ったばかりの人は要注意

反対に、安定した収入がいくらあったとしても、過去の個人信用機関に自己破産や債務整理などの情報が残っている場合は審査が通りません。

また、近い日にちで楽天カード以外のクレジットカード申し込みをした方も、ひょっとすると審査に落ちてしまう可能性があります。

というのも、短期間で複数のクレジットカードをつくると、カード会社に不正利用を疑われてしまうためです。

もし、クレジットカードを最近(過去半年以内程度)つくった覚えがある方は、少し期間を空けて楽天カードを申し込みましょう。

楽天カードが選ばれる理由はココにある!みんなのカード使い道を紹介

ところで、自分の周りに楽天カードを持っている人って結構いませんか?

多くの人が楽天カードを利用しているのは、やはりそれほどの魅力があるから。

ではなぜ楽天カードが多くの方に選ばれているのか、その秘密がわかる『みんなの使い方』をご紹介しましょう!

クレジットカードの保有は信用の証!周りに自慢しています(19歳・学生)

未成年でも親の同意があればクレジットカードが持てるってのがやっぱり嬉しいですよね。

自分と同じぐらいの世代はクレジットカードを持っていない人が多いので、持っているだけでかなり自慢できます(笑)

クレヒスを積んでおけば後々もっと審査基準の高いカードにも手が出せそうなので、若いうちに色々学んでおこうと思います。

ポイント還元率が高いからへそくりが溜まる♪(43歳・主婦)

私は専業主婦なので、旦那の収入を申告してカードを発行してもらいました。

使っているうちにだんだんとコツを掴めてきたのですが、楽天カードはとにかくポイントの還元率が高い!とりあえず固定費の支払いは全て楽天カードで決済しています。

楽天カードは100円利用するごとに1%のポイントが還元されますから、今ではへそくりがざっくざく( ̄ー ̄)ニヤリ

溜まったポイントは楽天市場はもちろん、提携している飲食店などでも使えるとのことでしたので、何に使おうか悩みます♪

電子マネーのチャージでもポイントが溜まるってすごいよね(20歳・学生)

私は主にネットショッピングと電子マネーのチャージに楽天カードを使っています。

楽天Edyはチャージしても、支払いをしてもポイントが溜まるから一石二鳥です!

私みたいにコンビニを頻繁に使う人は、支払いの時のお金の出し入れをなくしてスムーズに会計を済ませることができて楽ちんです。

それと、楽天カードは連動しているアプリやサイトがあるのも便利です。楽天e-NAVIというサイトでは月々の支払いなどをいつでも確認できるので、多分主婦の人とかにも便利な機能だと思います。

 楽天市場ヘビーユーザーなので、メインカードとして使っています(36歳・会社員)

オリコカードやYahoo!JAPANカードなど、高還元率と言われるカードの中でも、自分には一番楽天カードが合っています。

楽天市場や楽天トラベルを利用する機会が多いのでポイントが毎回倍以上溜まるし、楽天スーパーSALEや楽天スーパーポイントアップをやっているときなんてウハウハです。

こないだはポイントが1万ポイントぐらい溜まっていたので、嫁が買い替えたがっていた炊飯器を新調しました(おかげでポイントはかなり減ったけど…喜んでくれたから結果オーライ)

カードを作っただけで5000円分の買い物ができた(*^▽^*)(23歳・フリーター)

ちょうど楽天カードが新規入会者向けにキャンペーンを行っていたので、そのタイミングで楽天PINKカードを作りました(*’ω’*)

月収13万ぐらいでしたけど、申し込んでからすぐに審査通りましたよw

カードを作ってすぐにポイントが5000円分も貰えたので、早速カラーコンタクトと化粧品を購入しましたww

何かタイミングによってはさらにポイントがもらえる時期もあるみたいなので、まだ作ってない人はタイミング見て作るといいかもです(*ノωノ)

まとめ

楽天カードは誰でも比較的簡単につくることができ、なおかつ使い道もとっても豊富です。

また、今回はご紹介できませんでしたが、不正利用防止などのセキュリティ対策や付帯サービスも充実していますので、作っておいて損はないと思います。

1枚持っておけば、日々の生活を豊かにしてくれること間違いなし!所要時間10分~20分で申し込みができますので、お時間があるときに是非作ってみてくださいね!